スキレット鍋でひとりすき焼き

ブログにご訪問頂きありがとうございます。

息子がキャンプで使いたいと購入したスキレット鍋。

シーズニングも兼ねて使うようにしています。

スポンサーリンク

18センチスキレット鍋でひとりすき焼き

スキレット鍋、重いですが、食卓にそのまま出せて以外と見映えがいいですね。

まだ購入して間もないスキレット鍋。

一応シーズニングはしましたが、まだまだこびりつきます。

このお鍋を使って何を作ろうか考えて、すき焼きにしました。

ひとりすき焼き

材料は

  • 牛肉
  • しらたき
  • ねぎ
  • しいたけ

ねぎも青い部分を使っての低価格のすき焼きです。

まずはスキレット鍋を温めて、牛脂を溶かし牛肉を焼きます。

少し焼いたらお肉をお鍋の隅に寄せ、次にしらたきを入れます。

しらたきを乾煎りする感じで炒って水分を飛ばします。

そして、ねぎとしいたけを入れて、今半のすき焼きの割り下を入れます。

通常でしたら蓋をする必要もないのですが、割り下だけなので蓋をしました。

少し火を通してねぎが柔らかくなっていたら完成です。

そのまま食卓に持っていきます。

具材の少ないすき焼きですが、ねぎがおいしいんです。

夕ご飯はひとりで食べる事が多いので、ひとりでもすき焼きを楽しめるのはいいですね。

そして半分くらい食べたら、お鍋をもう一度火にかけて、上に卵をかけてひと煮立ち。

これはこれでごはんによく合います。

息子にも作ったのですが、最初から卵を落としてくれ!というので、そのようにしたのですが、何も言わずがっついていたのでおいしかったのでしょう。

スキレット鍋と今半の割り下に感謝!

ブログランキング

 

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へにほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする