ポータブルトイレ

胃ろうで毎日、栄養が取れているせいか
母が少しづつ歩けるようになってきた。
それはそれでうれしいのだが、
余計、目が離せなくなった。
母としては、自然な動きなのだろうが、転倒のことを考えると
ほっとくわけにはいかない。
今朝は、トイレの水を流す音で目が覚めた。
母がトイレに行ったのだ。
よく歩いて行ったものだと・・・感心したが、床の段差もあるし、
急いで起きてトイレに行ってみた。
幸い何事もなく用を足したみたいで
ほっとした。
その後はささえながら、ベッドに戻したが、ひやひやした。
ベッドの側に、ポータブルトイレを置いているし、
毎日使っているのだが、なかなかポータブルトイレの存在を
母は認識できない。
起きてトイレに行こう・・・とする。
ここでおしっこできるよ・・・と、話せばその時はポータブルトイレが分かるが
何分・・・認知症すぐ忘れる。
母が、ポータブルトイレを認識して一人でポータブルが使えるようになれば、かなり介護も楽になる。
まあそこまで期待するのは・・・・無理かな。
歩けるようになっただけでも・・・かなり楽にはなったのだから・・・。

ブログランキング

 

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へにほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする