母の認知症・・・もうそろそろ

今日入院先の担当の先生と面談。
認知症母の急性腎盂炎はよくなりつつも
食事を食べられない事が問題のようで
そして・・・認知症の終末期に入っている・・との事。
食べる事がむずかしくなっている。
むせる・・・飲み込みができなくなっている。
どのようにして、栄養を取るか?
点滴もしくは鼻からチューブを入れて、そこから胃に入れる。
点滴も限界があるし、鼻からの栄養補給は患者に取って
苦痛もある・・・との事。
延命治療・・・胃ろう・・・・。
いろいろ決断する事が多くなってきた。
延命治療は望んではいないが、いざとなったら
心が揺らぐ気がしてならない。
今までのいい加減な介護が悔やまれる。
もっと、きちんと母と向き合えばよかったのに・・・。
それでもなかなか・・・今の母の状況を受け入れられない。

タイトルとURLをコピーしました