トイレの便座をTOTOウォシュレットKM TCF80M56型に交換

ブログにご訪問ありがとうございます。

家のトイレのウォシュレットが壊れて数か月。夏場冷たい便座でも問題なかったのですが、これから寒い季節に向けて、家のトイレの便座を交換しました。

スポンサーリンク

家のトイレの便座が壊れた

築年数(25年)が長いため、経年劣化で便座が壊れてしまいました。ウォシュレットが使えない不便さもありますが、冷たい便器は苦痛でした。

トイレ全部をリフォーム出来ればいいのですが、予算の関係上便座のみの交換にしました。1階と2階のトイレの便座交換です。

1階のトイレ ウォシュレットが壊れていました

2階のトイレ ウォシュレットなし

TOTOウォシュレットKM TCF80M56型に決定

ヨドバシカメラの店頭でいろいろ考えた中でTOTOウォシュレットKM TCF80M56型に決めました。

TOTOウォシュレットKM TCF80M56型はうれしい機能がいっぱいです。

全て自動で動いてくれます。

  • オートパワー脱臭
  • ノズルを自動洗浄
  • 便器内に水をかけるプレミスト機能

TOTOウォシュレットKM TCF80M56型を設置

1階のトイレ

2階のトイレ

このタイプは蓋がオート開閉ではありませんが、

まず便器に腰かけるとオート脱臭が始まります。そして便器内に水をかけるプレミスト機能が動きます。

音で表現するとプシュッー!と脱臭、シュワー!シャーシャー!プレミスト機能

ある意味トイレの用を足すときの音が消えます。

そして便座から立ち上がると更に強い脱臭が始まります。

トイレをする前にお水で便器を濡らし、汚れにくくして、脱臭装置で匂いを吸い取ってくれます。

お掃除も簡単に出来そうです。

ただ便座はトイレットペーパーや乾いた布で拭くのは傷つきの原因になるので使わないでください・・・と取説に書いてありました。

トイレットペーパーでささっと拭くのはやめた方がよさそうですね。

取り付け時の追加工事

TOTOウォシュレットKM TCF80M56型は古い便座の取り外しと設置で両方で10000円かかりました。ウォシュレットは自分で取り付ける事も可能なようですが、水道を止めたりしないといけないですし、取り外しと取り付けの工事をお願いしました。

取り付け工事当日は止水栓に水漏れが発生しているという事で

止水交換(二か所)  17280円を追加工事を行いました。

古い便座の処分

2階の便座はプラスチック製品として燃えないごみの日に出しました。

もう一つのウォシュレットは粗大ごみとして、ごみチケットを購入して処分しました。

かかった費用は200円でした。

TOTOウォシュレットKM を使った感想

新しいウォシュレットはデザインの関係なのでしょうか、今までの便座より長くなりました。小さいトイレなので狭く使いづらくなるのではなると危惧していましたが、大丈夫でした。

使ってみて思った事はオート脱臭はうれしいですね。さらに用が終わった後のパワー脱臭もいいですね。汚れもつきにくいようですし、ノズルも自動洗浄してくれますし、何よりうれしいのは便座が暖かい!事( ´艸`)

そして、ウォシュレットの装置をリモコンにした事で、今まで出来なかったトイレ奥の掃除が簡単に出来るようになりました。

横に出っ張りがないので、トイレ全体もすっきりしました。

今までよりトイレがかなり快適になりました。

ブログランキング

 

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へにほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする